第1667号 2008年7月11日発行

総合シンポジウム

ケーブルテレビ2010へ向けて

「ケーブルテレビショー2008」の初日である6月19日には、展示会場に隣接する「TFTホール500」において、300名超の参加者を集めて「総合シンポジウム」が開かれた。今年の全体テーマは「ケーブルテレビ、2010年への展望」であった。

分科会1

CATV近未来!−知るべき技術とコンテンツビジネス

開催日2日目の6月20日、展示会場に隣接する「TFTホール300」において、250名超の聴衆を集めて、「分科会1」が「CATV近未来!−知るべき技術とコンテンツビジネス−」をテーマに開かれた。

分科会2

CATVの技術的課題と地上デジタル放送の普及に向けて

6月20日、TFTホール300で分科会2が開催され、「CATVの技術的課題と地上デジタル放送の普及に向けて」のテーマのもと4人の講師による講演が行われた。

分科会3

2000万世帯達成への課題

6月20日16時より、「TFTホール300」において、分科会3「The Bankyo Challenge 2008『2000万世帯達成への課題』」が開催された。

分科会4

マーケティングサミット2008 競合を勝ち抜くための加入獲得戦略と社会貢献(CSR)

6月20日の分科会4では、「競合を勝ち抜くための加入獲得戦略と社会貢献(CSR)」をテーマに基調講演A・BがTFTホール500で行われた。

ケーブルテレビショー2008 6つの贈賞式を実施

技術協会と連盟のケーブル2団体は、「ケーブルテレビショー2008」の関連行事として、同ショー初日の6月19日、展示会場内特設ステージにおいて、「ケーブルテレビ功労者表彰」および「『日本ケーブルテレビ大賞』番組コンクール」をはじめとする6つの贈賞式を行った。

電波産業会 「電波功績賞」7件を表彰

シンクレイヤも開発援助

6月18日、(社)電波産業会は東京・紀尾井町のグランドプリンスホテル赤坂で第19回電波功績賞表彰式を開催した。総務大臣賞2件、(社)電波産業会会長賞5件、合計7件が表彰された。

パナソニックテクニカルスイート開催

放送とCATVの方向性示唆

6月19日から21日まで、東京・有明の「東京ビッグサイト」で開催された「ケーブルテレビショー2008」に合わせて、同展にも出展した松下電器産業(株)およびパナソニックシステムソリューションズジャパン(株)は、展示会場に隣接した「パナソニックセンター」において、19日、20日の2日間「パナソニックテクニカルスイート」を開催した。放送およびケーブルテレビ事業に関心を持つ多くの関係者が、それぞれの方向性を求めて会場に足を運んだ。

ケーブルテレビ技術セミナー

伸び続ける米国ケーブルテレビビジネス

(社)日本CATV技術協会、(社)日本ケーブルテレビ連盟、JCTA日本ケーブルラボは共催にて、国内のケーブルテレビ業界関係者を対象にした技術セミナーを、6月18日、東京・西新宿「京王プラザホテル南館」において、200名超の参加者を得て開催した。米国ケーブルラボの“権威”を招いたセミナーで、伸び続ける米国ケーブルテレビビジネスについての解説がなされた。